きれいのタマゴ ホーム > ヘアメイク > ヘアメイク Q&A

ヘアメイク Q&A

ヘアメイクって?

映画やテレビ、雑誌などの撮影や各種イベントのステージで、出演者のメイクやヘアスタイリングを行うのがヘアメイクアーティスト。 単にきれいなだけのメイクではなく、モデルの個性や魅力を引き出し、カメラマンやディレクターの意図や設定に合うように仕上げることが求められます。
日常的に行われる一般メイクから、より美を追求したプロメイクや映画・ドラマで使われる特種メイクまで、扱うメイクの種類、技術は実にさまざま。自分の進みたい道にあった技術を習得することが大切です。

ページトップへ▲

ヘアメイクアーティストはどんなところで活躍してるの?

身につけた知識・技術に応じて活躍の場はさまざま。映画や舞台、ファッションショーなどの華やかな場ばかりがイメージされがちですが、それ以外でも、美容院やエステティックサロンに勤務して活躍するほか、化粧品会社に所属してカウンターでのメイクデモンストレーションを行ったり、場合によっては商品開発に関わるケースもあります。
現在ではコスメティックサロンなどにおいて、一般の人が日常的にプロのメイク術を利用する時代になり、ニーズは非常に高まっています。

ページトップへ▲

どんな人が向いてるの?

男性も女性も何よりヘアメイクが好きという気持ちが第一条件といえます。また、美に興味が深く、人と接するのが好きで人に喜ばれる仕事がしたい人、人の喜びを自分の喜びに変えることができる人にはぴったりの仕事といえます。自分の技術・感性が形として残る仕事であり、大変やりがいはありますが、アシスタントのような下積みから始まり、時間が不規則な仕事でもありますので、十分な健康管理と精神力も必要といえます。

ページトップへ▲

どんな技術が必要なの?

ヘアメイクアーティストという名の資格はありません。しかし、プロのヘアメイクアーティストを目指すなら、メイクやヘアスタイリングの技術だけでなく、色彩や色相心理の知識や、外国人モデルや出演者ともスムーズに仕事ができる語学力も要求されます。
さらに、流行を敏感に察知して取り入れるセンスや表現力、メイクを施した人が置かれる立場を想像する力も必要。最近では、ヘアスタイリングからネイルまでトータルでプロデュースする場合も多いので、美容師の資格などを取得すれば、より有利になるでしょう。

ページトップへ▲

ヘアメイクの技術はどうやって学んだらいいの?

資格がないため、未経験の状態から現役プロのアシスタントを経て技術を得るのも1つの方法といえますが、身につけた知識・技術に応じて活躍の場はさまざまで、映画や舞台、ファッションショーなどの華やかな場以外でも、美容院やエステティックサロンに勤務して活躍するほか、化粧品会社に所属してカウンターでのメイクデモンストレーションを行ったり、場合によっては商品開発に関わる仕事もあります。
目指す業界に合った基礎知識や技術を学ぶために、現在は専門のスクールが数多く開校しています。講座は3ヶ月と短期のものから1年以上学ぶものまで様々ですが、社会人向けに土日や夜間に開講していたり、通信で学べる講座もあるので、ご自分にあった学び方で確かな知識を得るのにスクールを利用するのも効率的な学び方といえるでしょう。

スクールで学ぶ(通学講座)

ページトップへ▲

もっと自分に合ったメイクができるようになりたい!

「美しくなりたい」そんな願望はいつの時代もどの国でも女性の中に宿っています。人をきれいにする仕事は長年人気の仕事ですが、現代では、仕事としてではなく自分をより美しく魅せるためのメイクを教えてくれる学校も少なくありません。基礎から学んでもっと自分を磨いてみませんか?

スクールで学ぶ(通学講座)

ページトップへ▲