きれいのタマゴ ホーム > ヘアメイク > ヘアメイクアップアーティストのお仕事とは?

ヘアメイクアップアーティストのイラスト
Work Guide
ヘアメイクアップアーティストのお仕事とは?

ファッションショーや雑誌、映画、テレビなどで芸能人やモデルのメイクやヘアスタイルを作ったり、整えたりする仕事です。ヘアスタイルやメイクの仕方で、そのモデルのイメージや写真の雰囲気は大きく変わるため、ヘアメイクアップアーティストの仕事は、とても重要です。

ヘアメイクアップアーティストのイラスト
仕事内容1:打ち合わせ・準備

ヘアメイクアップアーティストはモデルの雰囲気だけでなく、その写真やショーの目的やターゲット層なども考えてスタイリングする必要があります。また、写真の場合は、メインカットがアップなのか全身写真なのかなども考えて、絵作りのために一番効果的なスタイリングを行います。そのためには、編集者やカメラマン、モデル、クライアントとの入念な打ち合わせが必要。状況によってはアクセや小物などの用意も必要になります。


仕事内容2:撮影・ショー当日

撮影やショーの現場では、時間的な制約が厳しいのが普通です。短い時間に理想的なスタイルを写真のカット数や、モデルの数、衣装のパターンによって複数作る必要があります。また、入念な準備をしていても、現場の状況によって違うものを要求されることも頻繁に発生します。基本的な技術をしっかりマスターした上で、いつでもそれを応用してバリエーションを広げられる工夫を考えておくことが必要となります。

そのほかの仕事

マスメディアの仕事以外にも、ブライダルや美容サロン、化粧品メーカーなどの仕事があります。現在では、一般の人もメイクやヘアスタイリングへの要求が高くなっているので、コスメティックサロンなどの需要も高くなっています。また、そこで雑誌の編集者などと知り合い、メディアでの仕事に発展することも少なくありません。

ヘアメイクアップアーティストになるには?求められる能力は?

ヘアメイク写真ヘアメイクアップアーティストはセンスが大きく左右する仕事です。しかし、そのセンスを生かすにはコスメの知識や肌、骨格などの知識、色彩感覚なども必要になります。総合的な力をつけるためにも、専門学校やスクールなどでの勉強は有効です。
また、仕事の情報を得るためには横のつながりも重要。専門学校などに通うことで人脈を作ることも可能です。
カットも行えるように美容師の資格を取っておくのも有効でしょう。

ヘアメイクアップアーティストになりたいと思ったら
講座を検索
ヘアメイクの通学講座を探す